東芝デジタルソリューションズ株式会社 本文へジャンプ

ニュースリリース

  • 日付け順一覧

ニュースリリース

The翻訳シリーズ最上位の英日/日英翻訳ソフト
「The翻訳 2007 プレミアム」の発売について

〜最新翻訳エンジンで翻訳精度がさらに向上、
翻訳のプロフェッショナルの業務効率を高める機能も充実〜

2007年5月9日 東芝ソリューション株式会社

 
 東芝ソリューション株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:梶川茂司)は、言葉の概念を利用して翻訳精度を向上させた最新翻訳エンジンを搭載し、さらに翻訳のプロフェッショナルの業務効率を高める機能も充実させた「The翻訳 2007 プレミアム」を6月6日から販売します。
 また、「The翻訳 2007 プレミアム」と専門用語辞書をセットにした「The翻訳 2007 プレミアム 専門辞書パック」、特許翻訳業務向けの「The翻訳 2007 プレミアム 特許エディション」も同時に販売開始します。

The翻訳 2007 プレミアム   The翻訳シリーズは、文書の文脈や書式を利用した翻訳方式や、文書全体を先読みして得られた情報を利用した翻訳方式を翻訳エンジンに実装することで、高い翻訳精度を実現してきました。なかでも、シリーズ最上位版の「The翻訳プロフェッショナル」は、翻訳事務所などで業務として翻訳を手がける翻訳のプロフェッショナルから「業務効率が高まる」とご好評をいただいてきました。

 今回商品化する「The翻訳 2007 プレミアム」は、従来の翻訳エンジンに同義語や類義語といった言葉の概念を利用して文意に合った訳語を選択する「概念翻訳」を実装した最新の翻訳エンジンを搭載し、翻訳精度をさらに向上させた商品です。The翻訳シリーズ最上位の「The翻訳プロフェッショナル」の後継商品で、Windows VistaTM、2007 Microsoft® Officeなど最新のソフトウェアにも対応しています。

 本商品はさらに、過去の訳文を原文とペアで蓄積できる「メモリ辞書」の検索機能を、お客様からのご要望に応えて充実させました。
 具体的には、メモリ辞書の用例(原文と訳文のペア)に、「だれが登録したか」、「いつ登録したか」、「訳文へのコメント」などの情報を登録し、用例の検索時にはこれらの情報をキーとして絞り込める機能を搭載しました。例えば、原文に「reduction」、訳文に「削減」を含み、翻訳チームのリーダーが登録した用例のみを検索する、という複合的な検索が行えます。これにより、利用者は自分の翻訳に必要な用例をより素早く探し出すことができ、業務の効率を高めることができます。

【新商品の主な特長】

(1)過去の訳文を蓄積できる「翻訳メモリ」の機能を充実

 過去の訳文を蓄積できる「メモリ辞書」の用例に、登録者、登録日、コメントなどの情報を登録し、用例の検索時にはこれらの情報をキーとして絞り込める機能を搭載。これにより、利用者は自分の翻訳に必要な用例をより素早く探し出すことができます。

(2)「概念翻訳」を実装した最新翻訳エンジンを搭載

 同義語や類義語といった言葉の概念を利用して文意に合った訳語を選択する「概念翻訳」を実装した最新翻訳エンジンの搭載で、翻訳精度をさらに向上させました。
 例えば、「受ける」という語は目的語により「receive」、「undergo」など複数の訳語を使い分ける必要があります。「検査を受ける」の場合、「undergo an inspection」と訳します。ここで「人間ドックを受ける」という句の場合、「人間ドックは検査の一種である」という類義の概念を持たない従来の翻訳ソフトでは「receive a complete physical examination」と訳してしまうケースがありました。「検査」と「人間ドック」が類義という概念を概念辞書として実装した本商品は、「undergo a complete physical examination」と正しく訳すことができます。

(3)利用者が登録した訳語選出パターンを「概念辞書」で定義されている語句にも適用  

 The翻訳 2007 プレミアムでは、利用者が訳し分け条件を付けて語句を登録することができます。例えば、「見る」という単語に対し、目的語が「操作説明書」の時は「consult」と訳出するという登録が行えます。このような登録を行った場合、概念辞書に「操作説明書」の類義表現として登録されている「オンラインヘルプ」が目的語となった文に対しても上記で登録した「consult」が適用され、正しく「consult online help」と訳出することができます。一語一語に対して訳語選出パターンを登録する場合に比べ、訳出パターンを効率的に登録できます。

【商品価格】

The翻訳 2007 プレミアム
 

The翻訳プロフェッショナルV11 スタンダードエディションの後継商品

  搭載辞書語数:470万語(ビジネス系専門用語辞書11種類を含む)
  搭載翻訳メモリ例文数:15万例【基本用例/ビジネス用例など】
  価格:89,250円(税込み価格)
     
The翻訳 2007 プレミアム 専門辞書パック
  The翻訳プロフェッショナルV11 スーパーエディションの後継商品
  搭載辞書語数:696万語(専門用語辞書27種類を含む)
  搭載翻訳メモリ例文数:55万例
    【基本用例/ビジネス用例/技術用例(化学/医学・バイオ/機械・自動車/電気工学)など】
  価格:129,150円(税込み価格)
     
The翻訳 2007 プレミアム 特許エディション
  The翻訳プロフェッショナルV11 特許エディションの後継商品
  特許専用の辞書・文法を使用することにより、特許文書特有の長文や省略表現、特許独特の表現等を高い精度で翻訳することができます。
  搭載辞書語数:716万語(専門用語辞書27種類および特許辞書を含む)
  搭載翻訳メモリ例文数:57万例
    【特許用例/基本用例/ビジネス用例/技術用例(化学/医学・バイオ/機械・自動車/電気工学)など】
  価格:192,150円(税込み価格)

【主な機能(The翻訳 2007 プレミアム)】

●対話翻訳
 対話翻訳は、原文と訳文を対比表示しながら翻訳する作業が、一画面上で切り換えずにできる機能です。読み込んだテキストと訳文の対応表示、原文と訳文を見比べながら1文ずつ翻訳、あるいは全文まとめての翻訳、原文と訳文を対応させた形式での印刷もできます。さらに、翻訳結果の確認や新語の登録、語句の学習なども実行可能です。また、原文・訳文中の数字や文字列の含まれる表現を検索する場合、特定の数字・文字列を指定しなくても検索できるワイルドカード検索を搭載。文ごとにメモを付けるなど支援機能も搭載しています。

●充実した辞書登録・カスタマイズ機能
 The翻訳 2007 プレミアムは、The翻訳 2007 ビジネスと比較して、辞書への単語登録機能が充実しています。例えば、翻訳する文書から辞書に登録されていない語句をピックアップする機能、詳細な訳し分け条件を付けて語句を登録する機能、別々に保存された英文文書と日本語文書とを組み合わせて翻訳メモリに登録する機能などを搭載しています。これらの機能で辞書に蓄積された知識は辞書共有機能を用いることにより、チームを組んで翻訳作業をしている他のメンバーと共有することができ、各自それぞれが辞書を管理することによる訳しムラや重複作業を防ぐことができます。

●セレクトコーパス翻訳機能
 翻訳したい分野の文書を登録すると、登録文書で使用されていた語句が優先して使用されるので、その分野に適した翻訳結果を得ることができます。例えば、あらかじめ日本語の証券関連の文書を登録してから、「The stock of this brand brings profit.」という原文を翻訳すると、「この銘柄の株式は利益をもたらします。」と、個々の語句の学習や登録をしなくても適切な訳語が選択されます。
 このように本機能は、登録する文書が英日のペアである必要がなく、英日翻訳ならば日本語、日英翻訳ならば英語の文書だけの登録でよいため、参考にする文書を集めやすいという特長があります。

●TRADOSエクスポート/インポート
 TRADOSの用語集とThe翻訳のユーザ辞書、およびTRADOSの翻訳メモリとThe翻訳のメモリ辞書を相互運用できます。
*)相互運用できない情報もあります。

●Acrobat® 連携翻訳
 Adobe® Acrobat®があればPDF文書の翻訳がレイアウトを保ったまま*1 できます。RTF形式に出力すれば、Microsoft® Word文書で開いて、そのままWord連携翻訳し、翻訳結果も編集できます。また、イメージでできている文書も文字認識*2 して対話翻訳に取り込み、翻訳できます。
*1)レイアウトが保てない情報もあります。Adobe® Reader® では取り出したテキストの翻訳のみとなります。
*2)特殊文字、特殊フォントが使用されている場合や、イメージ部分の元原稿の状態によっては、正しく認識されない場合があります。

●ホームページ翻訳・メール翻訳
  Microsoft® Internet Explorer、Firefoxなどのインターネット閲覧ソフトや、Outlook®、Outlook Express、Windows VistaTM のWindows®メールなどのメールツールと連携して、ホームページやメールを簡単に翻訳できます。

 
【動作環境 (The翻訳 2007 プレミアム】

・対応OS:Microsoft® Windows VistaTM (32ビット版)、Windows® XP、Windows®2000
・メモリ:128MB以上(The翻訳必要分として。256MB以上を推奨)
・必要ハードディスク容量:940MB以上(インストールする辞書やツールの内容により異なります)



注意事項


必要メモリ容量、ハードディスク容量はシステム環境によって異なる場合がありますのでご注意ください。
動作環境の詳細、対応ツール(ソフトウェア)詳細などは、商品パッケージまたは「The翻訳シリーズホームページ(http://hon-yaku.toshiba-sol.co.jp/)」でご確認ください。
対応ツール(ソフトウェア)は全て日本語版です。SDKなどで改造したツール、β版、プレリリース版での動作は保証いたしません。
上記に記載のアプリケーション用の文書でも、作成方法やセキュリティ設定などによっては、翻訳できない場合があります。また、レイアウト情報などが翻訳結果に反映されなかったり、レイアウト情報により翻訳精度が低下する場合があります。
本商品の仕様は予告なく変更される場合があります。
The翻訳は東芝ソリューション株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windows、は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本文中の製品名称はそれぞれ各社が商標として使用している場合があります。




お客様からのお問い合わせ先

The翻訳サポートセンタ

電話:0120-1048-37 (注)     
e-mail:honyaku@toshiba-sol.co.jp
(注)PHS,携帯の場合:03-5465-7290
   サポートセンタ営業時間:10〜12,13〜17時(除く土日祝日,臨時休業日)
商品情報は「The翻訳シリーズホームページ」でも提供しています。
http://hon-yaku.toshiba-sol.co.jp/
報道機関からのお問い合わせ先

経営企画部(広報担当:中村、伊東)
電話:03-3457-4112 e-mail:PR@toshiba-sol.co.jp

 


ニュースリリースに掲載されている情報(価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
このページのトップへ