本文へジャンプ

ソリューション概要

① パーソナライズ要求に応えるには

  • 個客の要望にあった製品仕様を即時に特定し、具体的なかたちに変え、お客様と共有することが必要です。

無数の要求仕様に対する製品を事前に用意することは、現状の仕組みでは困難です。コンフィグレータを活用し、製品仕様と標準モジュールをマッチング(適合)させることにより、推奨製品の3Dモデル、仕様、見積を自動作成します。その結果、顧客に対する営業の提案スピードを向上させ、案件の機会損失をなくすことができます。

パーソナライズ要求に応えるには

パーソナライズ要求に応えるには・・・

② QCDが適切な製品を提案するには

  • コンフィグレータを活用し、膨大なバリエーションの中で個客要望に応える、機能・品質・価格が適切な製品を即時に提案することが可能です。
  • コンフィグレータとPLM、ERPシステム(生産管理システム)をシームレスに連携し、仕様決めからものづくり(生産)までをオンライン化、生産指示までのリードタイムを短縮します。
    さらに、SCP、製造システムとの連携や、フィールドサービスのIoT収集情報活用、ビッグデータ分析による次回購入時期、購入仕様予測により、納期の提示・遵守を可能とするソリューションへ順次拡張していきます。

QCDが適切な製品を提案するには

QCDが適切な製品を提案するには・・・

お問い合わせへ

Get Adobe Reader

PDFファイルの閲覧には、
Adobe® Reader® が必要です。別ウィンドウで開きます

別ウィンドウで開きますマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。