本文へジャンプ

「社会インフラテック2018」東芝ブース出展レポート

~ 各出展コーナーのパネルをご紹介します。是非ご覧ください。~

東芝ブース

2018年12月6日(木)~8日(土)に東京ビックサイトで開催された「社会インフラテック」に東芝、東芝インフラシステムズ、東芝デジタルソリューションズが共同出展しました。安心・安全・持続可能な社会インフラの維持・強化に向けて、東芝が長年培ってきたICT技術の経験・ノウハウと、AI、IoT、AR(拡張現実)等の先端技術を活かした、社会インフラシステムの予防保全・防災ソリューションや、保守・保全業務を高度化する遠隔監視・現場支援ソリューションをご紹介しました。

東芝ブースの各展示コーナーにジャンプ

社会インフラの維持管理・防災減災を高度化するソリューション

1.映像を活用した舗装アセットマネジメント支援(道路分野)

拡販フェーズに入ったAI・画像処理技術を活用した道路舗装ひび割れ解析サービスの新たな展開として、開発中の新メニュー(2019年4月リリース予定)である路面損傷診断ツールを活用した路面損傷候補(修繕候補)抽出などの予防保全によるライフサイクルコスト削減に向けた取組みを紹介しました。さらにセミナー(12月7日(金)13:40~14:00)でも詳細を説明させていただきました。展示をご覧いただいた方からは、インフラ維持管理において従来の人手による点検や専用機材での測定を効率化させるためICTにより生産性向上を求める声が大きく、舗装だけでなく河川堤防やプラント構造物など幅広くニーズを伺いしました。

道路分野道路分野道路分野

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

2.予測を活用した自治体のタイムライン運用支援(河川分野)

全国初の行政タイムラインと地区タイムラインの相互連携を可能にする事前防災行動計画(タイムライン)の運用支援システム紹介と、最新の取組みとして、より安全な避難行動を支援するためにAI/IoTを活用した災害予測技術の開発、画像処理技術に基づく危険領域判定などを紹介しました。展示をご覧いただいた方からは近年の降雨現象の局地化・集中化・激甚化に対応したソフト対策(タイムラインなど)を普及させ、逃げ遅れ等を減らす取組みについてご賛同いただき、防災システム変革が更に進むことを期待いただきました。

河川分野

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

3.状態監視・損傷箇所センシングの研究(橋梁分野)

IoTセンシングの研究開発事例として、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業 橋梁センシングシステム開発の取組みを紹介し、高速道路の実フィールドでの検証結果に基づいた実用化イメージをPRしました。
橋梁を始めとした社会インフラの老朽化と、労働力人口の低下に伴う点検・検査人員の減少により、インフラ維持管理の効率化は社会的な課題として共通認識されつつあります。橋梁模型を用いたデモンストレーションなどにより、内部損傷を可視化する劣化検出について紹介し、ご覧いただいた方からは予防保全に貢献する技術として高く評価いただきました。

橋梁分野 橋梁分野 橋梁分野

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

関連ソリューション紹介サイトにリンクします

東芝レビュー記事別ウィンドウで開きます

設備の遠隔監視・現場支援を高度化するソリューション

展示会IoT全体図

4.見える化・遠隔監視サービス「IoTスタンダードパック」

現場で稼働する産業機器・設備にIoTゲートウェイ装置を接続することで、素早く遠隔監視を開始可能なクラウドサービスを紹介し、稼働データをクラウドに収集・蓄積し、Webブラウザ内にグラフやプロセスフロー図でその稼働状況を見える化できることを実演しました。
具体的に産業機器をIoT化するということはどういうことか、IoT化により機器の稼働状況を把握することで次のアクションが適切に起こせることなどIoTについての理解が深まったという声をいただきました。

IoTスタンダードパック IoTスタンダードパック IoTスタンダードパック

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

関連ソリューション紹介サイトにリンクします

IoTスタンダードパック別ウィンドウで開きます

5.点検業務の省力化・効率化を実現「Meister Digital Field Work」

現場の点検・保全業務に必要な情報やノウハウをモバイル端末に集約し、参照できるようにすることで、経験の浅い作業員や頻度の少ない作業をサポートし、作業ミスや作業漏れを防止するソリューションを紹介しました。
設備を扱うお客様の多くが現場業務に対して改善を求めており、事務所に戻ってからのデータ入力時間が削減できる、現場でのデータ入力時に異常に気づきやすくなる、画像や動画も扱えるため異常個所や修理履歴が文章で残すよりも確実に伝わる、といった声を伺いました。また、AIを使った予知保全等のデータを今後活用するには、設備情報と紐づけて保管することが重要であることを説明し、多くのお客様に共感いただきました。

Meister Digital Field Work Meister Digital Field Work Meister Digital Field Work

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

関連ソリューション紹介サイトにリンクします

モバイル端末による現場業務支援ソリューション Meister Digital Field Work™別ウィンドウで開きます

6.現場業務の作業ガイド・記録をサポート「Meister AR Suite」

メンテナンス対象の設備にかざすと作業箇所や手順を画像や音声、動画でガイドする「ARマニュアル」、屋外屋内問わずメンテナンス対象まで安全、確実に誘導する「ARナビゲーション」、さらに、ARコンテンツを簡単に作成、編集可能な「コンテンツジェネレータ」を紹介しました。設備保全に関わる現場の作業ミスの防止、作業履歴のデジタル化等に貢献し、熟練作業員の技術承継や、現場作業員の業務効率化に寄与します。
労働人口の減少による技能継承の効率化やノウハウのナレッジ化の必要性を認識されているお客様も多く、本製品のAR技術による技術継承や作業ミス防止への効果、またそのARコンテンツをお客様自身で作成・編集し、自社で運用できる点を高く評価いただきました。
さらに、ARコンテンツを作成するツールの操作性・簡単さにも驚きの声を多数頂きました。

Meister AR Suite Meister AR Suite Meister AR Suite

※注意:イメージ拡大はJavaScriptを使用してます。
 お使いのブラウザがこれらの機能をサポートしていない場合もしくは設定が「有効」となっていない場合は正常に動作しないことがあります。

関連ソリューション紹介サイトにリンクします

現場業務のデジタル化ソリューション Meister AR Suite™別ウィンドウで開きます

※本サイトに記載されている社名、製品名およびシステム名は、各社が商標または登録商標として使用している場合があります。