本文へジャンプ

会社概要

事業紹介

東芝の幅広い事業領域の知見とデジタル技術を生かし、
グローバル社会でデジタルトランスフォーメーションをリードする

東芝グループは140年以上にわたり、ものづくりの現場から、エネルギー、公共インフラ、鉄道・産業システム、ビル・施設、流通などさまざまな領域で事業を展開してきました。東芝デジタルソリューションズは、これらの領域で培ってきた幅広い経験やノウハウと、IoTや人工知能(AI)など先進のデジタル技術を融合し、さまざまなインダストリー領域の企業や官公庁・自治体のお客さまへ向けて、デジタルソリューションをグローバルに提供しています。

「やさしく、あたたかなデジタルで社会を豊かにする」とのビジョンのもとに、インダストリー領域でデジタルソリューションを提供

ソリューション紹介図

また、現在、現実やモノなどのフィジカルの世界と、デジタル仮想空間であるサイバーの世界が相互に連携し、生活や産業の発展に役立つ新しい価値を創造するサイバー・フィジカル・システム(CPS)の世界が広がっています。CPSはさまざまな分野のフィジカルな世界の情報やデータを収集し、サイバー空間でAI・デジタル技術を用いて分析し、活用しやすい情報とし、それをフィジカル側にフィードバックすることで新しい価値を創造します。

東芝のAI・デジタル技術に、幅広い事業ドメインの経験・知識を結集。フィジカル(実世界)で収集したデータをサーバー空間でデジタル技術を用いて分析し、現場を最適制御するCPSを実現

デジタルトランスフォーメーション 概要図

東芝デジタルソリューションズは、これまで培ってきたシステムインテグレーション力をベースに、CPSテクノロジーを活用した新たなサービスや価値の共創に取り組んでいます。

東芝で長年にわたって研究開発を続けてきたAI技術を、アナリティクスAI「SATLYS(サトリス)」 と コミュニケーションAI「RECAIUS (リカイアス)」 として提供しています。東芝の「ものづくり」の知見を生かした「SATLYS」 と、人とシステムとのコミュニケーションを支える「RECAIUS」が、さまざまな分野のデジタルトランスフォーメーションをサポートします。

これからも、デジタル技術を活用してビジネスを変革し、企業や業界、地域の垣根を越えた「共創」によるオープンイノベーションを次々に生み出し、人々が安心、安全、快適に暮らせる、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

Solutions Book 2018-2019

インダストリアル領域における私たちの取り組みをChangeとCreateの視点でご紹介しています。

事例紹介

導入の背景やポイント、効果などをお客さまの声を交えてご紹介しています。

マークのリンクは別ウィンドウで開きます。
このページのトップへ